「父の日のプレゼント」3

| トラックバック(0)

プレゼントした方としては、それだけでもいいのです。
喜んでいることがはっきりと分かれば、あぁ贈ってよかった。
次も何か贈ってあげようと思えます。

たまに不満な顔をされたり、文句を言われる時は、なんだよせっかく贈ったのに!と腹もたちます。

それでも不器用ながらも、謝ってきたり、ボソリと感謝の言葉を言ってくるときもあるので許せます。

そして改めて、こちらが父親にしてあげたこと以上に、自分たちは無償の愛で育ててもらったんだよなと自覚して、自分も怒りすぎたなと反省したりするのです。

来年は、喜んでもらえるか文句を言われるか。
出来れば喜んでもらえるものを贈りたいものです。美容室gokan表参道は実力派スタイリストがそろっています

トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、ysato002が2014年7月30日 01:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「異例のビデオメッセージ2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

2014年9月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30