2013年3月アーカイブ

友人と一緒にランチをとろうと駅で待ち合わせをしたものの、約束の時間より早く着きすぎちゃったので久しぶりに好きな雑貨屋さんに立ち寄りました。

特にこれと言った目的はなかったのですが、可愛いデザインのホワイトボードが目に付き、衝動買いしてしまいました。
一週間の曜日かがかれているので毎週のスケジュールを家族と共有するのに使おうと思います。冷蔵庫にマグネットタイプのホワイトボード、あると便利ですよね。今までは家族皆で好き勝手に書き込んでてグチャグチャになっていたので、これでスッキリしそう!

ノベルティでお店の名入れテープまでもらえたし、ラッキーでした♪何に使おうかな?

最近プリンターの調子が悪いと思いながらも誤魔化し誤魔化し使っていたのですが、ついに壊れてしまいました。ないと困るので店頭やネットショップ、価格比較サイトなどを色々見て回ること数日。C社の最新機種を某有名電気店のオンラインショップでインクや印刷用紙共々購入することにしました。なぜか家のすぐそばの実店舗よりオンラインショップの方が少しだけ安くなってるんですよね。
家にないと困るのですが、そこまで急いでいるわけではないのでインターネットで注文。

以前その店舗の通販を利用したときには、お店のキャラクターイラスト入りダンボールにお店のロゴ入りテープで封がされて届きました。配送手配も早かったので今回も早く届いてくれると良いなあ。

普段から、日常的に使うものは自分の手に合うものがいいですよね。メモやスケジュールの管理に手帳を使っていますが、書きにくくて大きさも不便なんです。電車の広告で見かけたオリジナルリングノートでオリジナルの手帳を製作してもらう事に。様々な素材から自分好みの製品にすることが出来ます。滑らかな書き心地のものにしました。さすがに値が張るものかと思ったのですが、安くて驚きです。毎日使っても飽きないし、満足しています。
他人は自分を映す鏡であると言いますが、モノに対しても似たようなことが言えるのではないでしょうか。
オシャレな人の家はオシャレだし、スレた人の部屋は散らかっているもの。
iPhoneにオシャレなオリジナルiPhoneケースをつける人はやはりその人独特の魅力を持っているもので、
これは今や女子高生だけのものではなくなっています。
そういう目で裸のiPhoneを持っている人は、
まるで「私はiPhoneにケースを着ける事なんてしないわ、素のiPhoneが一番なのよ。」
と言わんばかりに強がっているように見えなくはないです。
そう、今やiPhoneケースを着けない事自体か何かの意識表現のように見られるくらい、
iPhoneケースが文化として普及しているのです。

童謡は凄いんだ

| トラックバック(0)
冬が来た人とか、冬しかない人は、中島みゆきを聴いてどん底まで落ちましょう。 
底まで落ちたら後は上がるだけ! 
絶対に森田童子は聴いてはいけない。 
どん底どころか地獄に堕ちるぞ! 
落ち込んでる時にあんなの聴いたら死んじゃうよ。 
最近はバイクに乗ってる時に「わかれうた」を歌っている。 
歌詞覚えてるのがそれぐらいだからな。 
バイクに乗ってる時はちゃんとした音程で歌える。 
降りると歌えない。 
周りの音が邪魔なんだろう。 
歌う時は歌う。 
歌いまくる。 
童謡とか「みんなのうた」の曲の完成度が好き。 
みんなのうたは、かなり切ない歌詞が結構多い。 
アニメーションばかりではなく、かなり有名な画家の絵がバックに流れたりする。 
歌う時はある程度以上の声を出さないと音程が整わない。 
声が大きければ大きいほど安定する。 
喉がねえ。 
俺は地声がでかいから。 
小さい声は出しづらいのよ。 
童謡とかみんなのうたをバカにするヤツは、童謡もみんなのうたも、曲を知らない。 
童謡だというだけでバカにする。 
何十年も歌い継がれてるんだぜ? 
どんだけ完成度高いんだよ! 
って、思わないのか? 
継がれる音楽ってクラシック、民謡、そして童謡ぐらいじゃん。 
あとはビートルズぐらいか? 
ま、周囲の評価はどうでも、童謡とみんなのうたは好きだよ。
今流行りのLTEも好きだけどね。
あ、ELTだったっけか。
LTEのほぼスマホって超便利だからつい。

またまた無駄遣いしてしまった~!100均って散財せずにはいられませんよね。
プリントテープ三本セット、テープカッターまでついて100円なんて!と思わず購入。
中身はレース柄・ウサギ柄・水玉模様の三種類。他にも何パターンかあったのですが、私はこの組み合わせを選びました。

家の中の小物や、収納ケースのリメイクで使おうと思います。なかなか気に入るデザインの収納って見つからないんですけれど、こうして自分の
気に入ったデザインのデコ用品でリメイクすると愛着も沸きます。
お菓子などのギフトラッピングとかでも使おうと思います。子供の工作とかでも大活躍してくれますよね。何かと便利なのでいくらあっても困らないし・・・と、どんどん増えていってしまいます^^;

10年前とはえらい変わってしましました。教科書とノートを広げるだけが勉強ではないですね。色々な端末が販売されており欲しい情報は幾らでも検索ができ、取り出すことが出来ます。オリジナルノート印刷までやって試験や入試に向かう人は皆無でしょうね。人間はそんなに変わっていないようで幾ら時間を掛けて画面を見つめても知識を覚えることはできません。無駄と分かっていても鉛筆を持って書き写すのが一番頭に残るのです。古い方法でもこれだけは暫く変わらないことでしょう。

本当に唐突なのですが、最近、消しゴムはんこ作りにハマっています。まだまだ線はガタガタでかなり下手なのですが、地味に黙々と集中して作業するのが性分に合っているらしく楽しくてしょうがないです。

単にイラストを彫るのにもちょっと飽きてきたので、今日はメモ用紙のサイズに合わせて枠や罫線・キャラクターを彫ってみました(相変わらず下手なので写真は載せれません・・・)。ちょうど同じサイズの付箋紙もあったのでそちらにもペタリ。味気のない無地の付箋が一気に華やかになりました♪

もっともっと上達したら来年の年賀状も消しゴムはんこにしようかな...なんて夢が膨らみます♪果たしてそこまで上達できるのか、上達する前に飽きて放り出しちゃうのか、その辺はちょっと自信がないですけれども(--;

文房具類のノベルティの中で定番の1つと言えば"付箋"でしょう。
手帳や書類、パソコン画面の周りなど様々な場所で利用していただけるので、使用している本人だけでなく周りの人の視界に入る可能性も高いので、対外的な広告効果も見込めます。

ただ、あまりにも一般的過ぎるので他社との広告に差別化を図らなければならないのがポイントです。
メモとセットにしたり、カバーにカレンダーを印刷したりなどするなどしてお客様に喜んでいただける付箋作成を目指しましょう。

このアーカイブについて

このページには、2013年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年2月です。

次のアーカイブは2013年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

2014年9月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30